尿の比重と浸透圧

尿の濃さの指標として「尿比重」と「尿浸透圧」が存在する。

尿比重は尿中に含まれる溶質の質量を、尿浸透圧は尿中の溶質内に含まれる粒子数を表している。

両者の基準値は尿比重1.015〜1.030、尿浸透圧200〜850mOsm/kgとなっており、慢性腎不全では尿の濃縮力が低下するため、尿比重は1.010、尿浸透圧は280mOsm/kg前後と低い値に固定される。(この時の尿浸透圧は血漿浸透圧とほぼ等しくなり「等張尿」の状態になっている)

以下に、尿比重と尿浸透圧の値と原因疾患を記載する。

原因疾患
正常値
・尿比重1.015〜1.030
・尿浸透圧200〜850mOsm/kg
高比重/高浸透圧
・尿比重1.030以上
・尿浸透圧850mOsm/kg以上
・脱水症
・腎不全(無尿期)
・高張液輸液後
低比重/低浸透圧
・尿比重1.010以下
・尿浸透圧200mOsm/kg以下
・腎不全(利尿期)
・腎盂腎炎
・尿崩症
・水分大量摂取
・利尿薬
Scroll Up