中枢性・末梢性の悪心・嘔吐〜定義から原因疾病まで〜

悪心・嘔吐とは

POINT悪心・嘔吐とは

  • 悪心
  • 心窩部や前胸から咽頭部にかけての“ムカムカ”とした不快感

  • 嘔吐
  • 消化管に存在するものを口腔外にはき出すこと

    悪心とは、心窩部や前胸から咽頭部にかけての“ムカムカ”とした不快感のことを指し、いわゆる嘔気のことである。
    嘔吐とは、消化管の内容物を口腔外にはき出すことである。

    悪心や嘔吐は、延髄外側網様体に局在する嘔吐中枢が刺激されることで発生し、嘔吐中枢の付近にある消化管運動中枢、呼吸中枢、唾液中枢、前庭神経核などが同時に刺激されることで消化管運動障害、呼吸不整、血圧変動、徐脈(頻脈)、顔面蒼白、冷や汗、唾液分泌、めまいなどが発生することがある。また、悪心・嘔吐には中枢性のものと末梢性のものが存在する。

    POINT嘔吐の種類

  • 中枢性嘔吐(悪心)
  • 嘔吐中枢に対する直接的な刺激(脳圧の上昇など)、化学受容体誘発帯を介した刺激、高位中枢(大脳皮質や感覚器)からの刺激によって生じる。

  • 末梢性嘔吐(悪心)
  • 各臓器からの求心性の刺激(末梢から中枢に向けた刺激)が、迷走神経、視神経、内蔵交感神経などを介して嘔吐中枢に伝達されることによって生じる

    中枢性嘔吐(悪心)は、嘔吐中枢に対する直接的な刺激(脳圧の上昇など)、化学受容体誘発帯を介した刺激、高位中枢(大脳皮質や感覚器)からの刺激によって生じる。それに対して末梢性嘔吐(悪心)は各臓器からの求心性の刺激(末梢から中枢に向けた刺激)が、迷走神経、視神経、舌咽神経、嗅神経、前庭神経、内蔵交感神経などを介して嘔吐中枢に伝達されることによって生じる。

    中枢性悪心・嘔吐が関係する代表的な疾患

    中枢性嘔吐(悪心)の原因となる代表的な疾患をまとめる。

    眼圧亢進 脳出血、脳梗塞、頭蓋内血腫、頭部外傷、脳腫瘍、脳潰瘍
    脳循環障害 片頭痛、低酸素血症、脳炎、髄膜炎
    代謝・内分泌・電解質障害 つわり、尿毒症、糖尿病、甲状腺機能障害、肝不全、低ナトリウム血症、高カルシウム血症
    薬物 シスプラチン、モルヒネ、ST合剤、ブロモクリプチン、テオフィリン、ニコチン、アルコール
    精神障害 ストレス、鬱状態

    末梢性悪心・嘔吐が関係する代表的な疾患

    末梢性嘔吐(悪心)の原因となる代表的な疾患をまとめる。

    消化器系・腹膜系疾患 腸閉塞、大腸がん、胃がん、食道がん、腸重積、アカラシア、幽門狭窄、胃・十二指腸潰瘍、胃腸運動機能異常、急性肝炎、胆嚢炎、胆管炎、膵炎、胆石症
    咽喉頭刺激 扁桃炎、副鼻腔炎
    前庭刺激 乗り物酔い、中耳炎、メニエール病
    尿路系疾患 尿路胆石、腎盂腎炎
    婦人科系疾患 卵管炎、子宮外妊娠
    心疾患 狭心症、心筋梗塞、うっ血性心不全
    Scroll Up