腹痛の分類

腹痛の分類

POINT腹痛の分類

  • 内蔵痛
  • 管腔内臓器の伸展や痙攣により生じる痛み

  • 体性痛
  • 腹膜や腸間膜が炎症などで刺激されて生じる痛み

    内蔵痛とは、管腔内臓器の伸展や平滑筋収縮由来の痙攣により生じる痛みのことである。実質臓器(肝臓・膵臓・脾臓など)が関連する場合は、鈍痛(ずしっとした痛み)を感じることがある。
    体性痛とは、腹膜や腸間膜が炎症などで刺激されて生じる痛みのことである。こちらは持続的で鋭く強い痛みを感じる。

    腹痛と神経

    POINT腹痛と神経

  • 内蔵痛
  • C神経繊維(交感神経系神経繊維の求心路)を介する

  • 体性痛
  • A-δ神経繊維(脳脊髄神経の求心路)を介する

    内蔵痛は、C神経繊維(交感神経系神経繊維の求心路)を介して中枢に伝達される。
    体性痛は、A-δ神経繊維(脳脊髄神経の求心路)を介して中枢に伝達される。

    内蔵痛と体性痛の比較

    ここをタップして表示Close
    内蔵痛 体性痛
    機序 管腔臓器の攣縮や拡張実質臓器の牽引や腫脹 壁側腹膜や腸間膜の炎症物理的な刺激
    症状 周期的・間欠的な鈍痛や疼痛 持続的で鋭く激しい痛み
    部位 非局在的 限局性・非対称性
    神経 交感神経の無随神経 脳脊髄神経の有随神経
    治療 主に鎮痙薬を用いる保存的治療を行う 消炎鎮痛剤を用いる緊急手術を行うこともある

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Scroll Up