相加作用と相乗作用

相加作用とは、2つの薬物の作用点が一緒で併用したときの効果が各薬物の代数和になる作用のことである。

例:抗パーキンソン病薬同士・抗うつ薬同士の併用

相乗作用とは、2つの薬物の作用点が異なり、併用したときの効果が各薬物の代数和より大きくなる作用のことである。

例:コカインとエピネフリンによる血圧上昇作用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up