YAKUSAJI NET|セルフメディケーションのための薬情報

薬理学 Archives - YAKUSAJI NET

各疾病に対する薬とその作用機序について学ぶ学問

自律神経節刺激薬・自律神経節遮断薬の一覧と作用機序
自律神経節刺激薬・自律神経節遮断薬とは 自律神経節刺激薬とは、自律神経節のアセチルコリン受容体(ニコチン受容体)に作用して脱分極を引き起こし、神経衝撃を生じさせる薬物である。対して、自律神経節遮断薬とは、自律神経節のアセチルコリン受容体(ニ...
【保存版】副交感神経遮断薬の一覧と作用機序まとめ
副交感神経遮断薬とは 副交感神経遮断薬とは、ムスカリン受容体においてアセチルコリンと拮抗する薬物である。 副交感神経遮断薬の分類 ・ベラドンナアルカロイド ・合成アトロピン類似薬 ベラドンナアルカロイドとは、ベラドンナなどのナス科植物の葉や...
【保存版】副交感神経刺激薬の一覧と作用機序まとめ
副交感神経刺激薬とは 副交感神経刺激薬とは、副交感神経節後繊維の伝達物質であるアセチルコリンに対して影響を与えるか、アセチルコリン受容体に直接作用することで副交感神経興奮時と同じ効果を示す薬物である。 副交感神経刺激薬の分類 ・コリン作動薬...
【保存版】交感神経遮断薬の一覧と作用機序まとめ
交感神経遮断薬とは 交感神経遮断薬とは、交感神経を遮断することでその機能を抑制する薬物のことである。 交感神経遮断薬の分類 ・α受容体遮断薬 ・β受容体遮断薬 ・α-β受容体遮断薬 ・アドレナリン作動性神経遮断薬 α受容体遮断薬やβ受容体遮...
【保存版】交感神経刺激薬の一覧と作用機序まとめ
交感神経刺激薬とは 交感神経刺激薬(アドレナリン受容体刺激薬)とは、交感神経に存在するアドレナリン受容体を刺激した時に交感神経機能が刺激された場合と同様の効果を発現する薬物である。 交感神経刺激薬の分類 ・直接型交感神経刺激薬 ・間接型交感...
Gタンパク質共役型受容体
Gタンパク質共役型受容体とは Gタンパク質(GTP結合タンパク質)共役型受容体は、イオンチャネル内蔵型受容体やチロシンキナーゼ型受容体と並ぶ有名な薬物受容体の一種である。 ・アドレナリン受容体 ・ムスカリン受容体 ・オピオイド受容体 ここで...
全身麻酔薬(吸入麻酔薬・静脈麻酔薬)の一覧と作用機序
吸入麻酔薬とは 吸入麻酔薬とは、麻酔深度の調節が比較的容易で、任意の深度に長時間保つことができる麻酔薬のことである。 (後の静脈麻酔薬と異なり)麻酔の“維持”に用いられる。 【常温で揮発性液体】 ・エーテル ・ハロタン ・イソフルラン ・セ...
主要な神経伝達物質
アミン系 ・アセチルコリン ・ノルアドレナリン ・セロトニン ・ドパミン ・ヒスタミン アミノ酸系 ・グルタミン酸 ・アスパラギン酸 ・γ-アミノ酪酸(GABA) ・グリシン ペプチド系 ・タキキニン群 ・オピオイドペプチド その他 ・プロ...
Scroll Up