ゲムツズマブオゾガマイシン(商品名:マイロターグ)の作用機序・適応・副作用・使用上の注意

概要・作用機序

ゲムツズマブオゾガマイシン(商品名:マイロターグ)は、遺伝子組み換えでつくられたモノクローナル抗体に抗ガン性の抗生物質カリケアマイシンを結合させて作られた分子標的治療薬である。抗体の部分が骨髄性白血病細胞の表面に発現しているCD33と呼ばれる抗原に結合することで白血病細胞に取り込まれてガン細胞を死滅させる。

ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)の適応

POINTマイロターグの適応
・再発または難治性でCD33抗原が陽性の急性骨髄性白血病

ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)の適応は、再発または難治性でCD33抗原が陽性の急性骨髄性白血病である。

ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)の副作用

POINTマイロターグの副作用
・アナフィラキシーショック
・骨髄抑制
・肝機能障害
・発疹
・発熱
・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・食欲不振
・めまい
・口内炎

ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)の有名な副作用はアナフィラキシーショック、骨髄抑制、肝機能障害(肝静脈閉塞症など)である。
また、他にも発疹や発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまい、口内炎なども観察される場合がある。

Scroll Up