国際共同試験(グローバル試験)・アジア共同試験とドラッグラグ

新薬の第三相試験を行う際、第一相試験・第二相試験を行った結果、日本人と白人・その他東アジア人の間で大きな差がない場合、国際共同試験(グローバル試験)を行う。グローバル試験は世界各国で一斉に薬の承認を行うためドラッグラグ(国家間での新薬の承認時期の差)を少なくすることができるという点で優れている。これに対して、アジア共同試験とは日本人とその他東アジア人で共同して行われる試験であり、グローバル試験ほどではないものの日本人だけで行うよりもドラッグラグを小さくすることが出来る。

Scroll Up