胃内容排出速度(GER)

胃内容排出速度とは

胃内容排出速度GER)とは、胃から腸に薬物が移行する際の速度のことである。
ここでは、胃内容排出速度の特徴と、それが薬物に与える影響に付いて確認していく。

胃内容排出速度(GER)の特徴

POINT胃内容排出速度の特徴
・通常の薬物の場合、GERが小さいほど吸収が遅れる。
・食後はGERは小さくなる。
・胃内容物の粘度が増加すると、GERは小さくなる。
・併用薬物によりGERが変化する場合。
・輸送担体を介して部位特異的に吸収される薬物は、GERを
小さくすると吸収量が増大する。

胃内容排出速度(GER)と薬物

ここをタップして表示Close
GERの変化 薬物の吸収 GERを変化させる要因
低下 ・一般薬 → 遅くなる
・吸収部位特異性のある薬物 → 速くなる
・抗コリン薬(アトロピン,プロパンテリン)
・三環系抗うつ薬(イミプラミン,アミトリプチン)
・フェノチアジン系向精神薬(クロルプロマジン)
・モルヒネ
・食事
増加 ・一般薬 → 速くなる
・吸収部位特異性のある薬物 → 遅くなる
・メトクロプラミド
・ドンペリドン(胃腸機能改善薬)
・コリン作動性薬
・交感神経遮断薬
Scroll Up